伊吹山ヒルクライム2012 その⑥

スタート地点への集合の号令がかかると、スタート地点はごった返し


 
そして予定から遅れること30分、いよいよRoad-Bの集合がかかり、スタート地点に集合

先頭のオレンジのウェアを着た選手の後ろ、赤白のヘルメットと白いウェアが私
 
 
そしてスタート








スタート地点の「伊吹山ドライブウェイ」料金所までの2.2㎞までぞろぞろと移動した後、
12㎞を一気に駆け上がりました


先頭の位置でスタートしたものの、とにかく周りの選手がビックリするぐらい速く、
あっという間に置いてけぼり…


 
前にスタートした40~49歳のカテゴリーの選手は何人も抜いたものの、
同じカテゴリーのオレンジ色のゼッケンは1人も抜けず…

 
 
 
結果は、タイムがついた334人中、169位…
 
散々でした・・・


 
 
 
しっかり練習して、5月に参加する「車坂峠ヒルクライム」では頑張って良い成績を残すぞ




伊吹山ヒルクライム2012 その⑤

前日とは打って変わり、朝から絶好のお天気

予報では気温も高めで、まさにレース日和




 
 
 
カテゴリーは20歳~29歳の「Road-B」
13:10スタートのグループでしたが、駐車場が混むと困るので9時過ぎには会場入り

 

(※写っているのは私ではありませんww)
 
自転車雑誌のブースでは「誰が一番軽い自転車か」を競うイベントが開催されていました

 
 
 
結局、4.9㎏という超驚異的な軽さを誇ったサトウさんが優勝


 
 
 
 
 
私はというと…
 
 
 
 
 
ロードバイクでは重量級の、7.9㎏…。
 
 
 
 
 
7.5㎏ぐらいと思っていたので凄くショックでした。。。

 
 
 
 
 

 
 
 
会場をブラブラしていると…

 

「軽量化選手権」を開催した自転車雑誌の編集長を発見

 
 
ゼッケンがまんま「編集長」ってww
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スタートまで、ブースを見て回ったりローラー台を回したりと、割りと落ち着いた時間を過ごしました
 
 
 
さぁそして、いよいよスタートですっ

伊吹山ヒルクライム2012 その④

さてさて、今回の宿泊先は「ペンションいぶき」さん
 
 
伊吹山の麓に建つログハウスがおしゃれです

(なぜに父親とこんなおしゃれなところに泊まったのか…w)

料理はオリジナルのフレンチコース

 
普段は絶対に口にできないものをたくさん頂けてとっても満足でした


 
デザートもおしゃれで、それまで流れていた曲がジャズ調に変わり、
キャンドルをたき、証明も落ちてなんとロマンチックなこと
(繰り返しますが、なぜに父親とこんなおしゃれなところに泊まったのか…ww)
 
ログハウスの周りに明るいものがないので星空も見たことのない綺麗さ


「次は絶対彼女とくるぞ

」と誓うまっちゃんなのであった・・・www
 
 
 
 
チェックインする前に寄った、近くにある道の駅で買ったその名も「そばずし」
お米の代わりにそばが使われているのですが見た目とは裏腹にボリューム満点
これも美味しかったです


 
さぁ、いよいよ本番を迎えますっ

伊吹山ヒルクライム2012 その③

最後の観光地は琵琶湖畔の城下町「長浜」
そこにある「黒壁(くろかべ)」という観光地です
 
 
明治時代に第百三十銀行長浜支店として建築された黒漆喰の外壁を持つ建物を、地域活性化の拠点として観光地にしたのが始まりだそうな
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
町並みはご覧のように“黒漆喰の城下町”といったところ
古き時代にタイムスリップしたかのような、どこか懐かしい空気が漂っていました
 
 
 
「腹が減っては戦は出来ぬ」ということで、まずは腹ごしらえww
どうやら「のっぺいうどん」という食べ物が名物だそうで、「茂美志屋(もみじや)」さんへ
早速「のっぺいうどん」を頼むと…

 
この大きさで一人前です

ダシはとにかくドロッとしていて、でも片栗粉では出来えないトロトロ感
どうやら、「吉野葛(よしのくず)」をヒントに、うどんダシに葛を使っているようです

 
きざみ生姜が葛ダシとよく合い、体がほっこりと温まります
大きな大きなシイタケもしっかりと味がしみていて思わず表情も緩みます
 
湯葉もこのダシにしっくりと合い、すべての食材がその個性を失うことなく葛ダシにマッチしていました

今までにない新しいうどんでしたが、とっても美味しかったです

 
 
 
腹ごしらえのあとは黒壁を散策

色々なお店に入ってぶらぶらしたり、町並みを楽しんだり…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
散策しているうちに早くも小腹が空いてしまい…ww
 
竹炭を練りこんで作られたその名も「黒壁ソフト」を食べ歩き

 
 
練りこまれている竹炭のせいか、じゃりじゃりとした感触がまた新しい

 
ベロと口の周りを真っ黒にしながら散策再開ww
 
(唇についたアイスを手の甲でふいたのは良いものの、炭のせいか水で洗うまで落ちなかった
w)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
黒壁を後にし、琵琶湖へ


さすがは日本一の湖
対岸が見えねぇwww
目隠しして連れて来られたら、「どこの海
」ってなります
ww
 
 
 
 
 
レース本番に向け、普段は車しか入れない「伊吹山ドライブウェイ」を下見しに行ったものの通行止めで入れず…

写真奥のてっぺん近くまで登っていくと想像しただけで嫌になる

…ww
 
 
 
そして次の日、いよいよレース当日を迎えるわけですが…。
 
レース当日の様子はまた後日
したいと思います

伊吹山ヒルクライム2012 その②

…続いて古戦場から程近い「関ヶ原鍾乳洞」へ
 

 
 


「玉華殿」
写真が分かりにくいのですが、この鍾乳洞で最大の、約2mの鍾乳石があります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「巨人の足」
これはもう見たまんまですね
写真中央のがそれです

 
 


「昇竜の間」
天井までおよそ10mもあり、
写真のように天井が見えません
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
写真以外にもみどころはたくさんありましたが容量の関係で割愛・・・ww
 
出口付近を流れる川ではニジマスが泳いでいたり、通り道の天井にコウモリが止まっていてしゃがんで通ったりと、今まで訪れた鍾乳洞にはない面白さがありました

 
 
さてさて、最後は琵琶湖近くの長浜・黒壁(くろかべ)へ

伊吹山ヒルクライム2012 その①

初めてのヒルクライム(山登り)レースに参加してきました

 
 
選んだのは「伊吹山ヒルクライム2012」
岐阜県と滋賀県にまたがる伊吹山―伊吹山ドライブウェイ―を舞台に繰り広げられる
標高差1075m、全17㎞(今年は残雪の影響で12㎞に短縮)を一気に駆け上がるレース
 
 
前日の土曜日から現地入りし、とりあえずの観光

 
 
関ヶ原古戦場、関ヶ原鍾乳洞、長浜黒壁スクエアを観光してきました
 
 
まずは関ヶ原古戦場から
 
 
 


石田三成 陣跡①
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

石田三成 陣跡②
ここから戦いを臨んだそう

 
 


関ヶ原古戦場 決戦地
石田三成 陣跡から少し降りたところにありました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


福島正則 陣跡
 
隣に見えるのは「月見 宮大杉(つきみのみやおおすぎ)」
 
関ヶ原合戦図屏風にも描かれているそうで、その樹齢はなんと800年あまり

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

大谷吉継(吉隆) 墓
 
「えっ
こんなところに
」っていうぐらい、杉林を奥へ奥へと歩き進んでいった先にようやく見つけました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お墓から少し車で走り、また山奥へとひたすら歩いてやっとの思いでたどり着いた、大谷吉継の陣跡

 
あいにくの天気でぬかるんだ山道をひたすら歩きましたが、歴史の1ページに触れられたような気がしてとても嬉しかったです
 
 
 
さっ、続いては「関ヶ原鍾乳洞」へとご案内

すごーい!!

星空の綺麗さがハンパじゃないよ



いつもありがとうございます♪
プロフィール

まっちゃん

Author:まっちゃん
サイクルショップに勤務するまっちゃんのブログです。

ランキング参加中です♪
ランキング参加中です♪
ランキング参加中です♪

FC2Blog Ranking

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
分析中...
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム