上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.27 assos展示会。
続いてassos(アソス)の展示会へ

 
 
 
注目したのはコチラ

超軽量のカーボンシートポスト(座る部分の下につくパイプ)です
 
 
 
持った軽さにビックリ

 
 
 
 
 
お値段もビックリの4万円



 
 
 
デザインや軽さはもちろんですが、カーボン繊維の組み方にまでこだわったハンドメイド


納期は5~6週間だそうです
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ、残念でならないのが、このシートポスト、円形なので、
私が駆る自転車には入らないのです
ww
スポンサーサイト
2012.06.27 MAVIC展示会。
MAVIC(マヴィック)の2013年モデルの展示会に行ってきました
初めての展示会っ

 
 
 
今回の目玉は、ホイール(リム)とタイヤを一体として考え出された新しいホイールシステム
 
 
 
リムとタイヤを完全に一体化させる“ブレード”をつけることで、極限までエアロダイナミクスを
追求したもの
 
 
 

こっちは“ブレード”をつけない状態

“ブレード”をつけるための溝が彫ってあり、その分だけリム(黒字でアルファベットが書いてある部分)
が横に少~し広くなっているような感じ
 
 
 
んでこっちが、“ブレード”をつけた状態

赤い矢印で示した部分が“ブレード”です
 
 
 
タイヤも新開発されたもので、このタイヤとホイール、そして“ブレード”が一体化となることで
究極のエアロダイナミクスを実現できるようです
 
 
 
ただし、リム高は80mmのみのラインナップ
 
 
 
これをつけて荒川を走ると勿体ない感120%ですが(笑)、それでもこれを履いて走ってみたいもの
ですね~
 
 
 

 

勉強しがてら、自分の愛車のチェーンを自分で交換しました~

 
 
 
購入しておよそ1年半ちょっと
 
 
 
1度も交換したことの無かったチェーン
 
 
 
まさに「紺屋の白袴」
(教えて頂いたことわざを早速つかってみた
ww)
 
 
 
自分で自分の愛車を整備できるだけでも、より一層、愛着が湧きますな~

2012.06.25 兄弟。

 
このお二方、兄弟です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おんなじ7.9㎏



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
超軽量こども用自転車と同じ重さなんて、
なんかよく分かんないけどちょっとショックな気が・・・
ww
 
初めて(小学校の時の調理実習を除くww)作ったカレー

 
 
チョ~美味かった




 
 
 
オリジナルカレーを作れるように、定期的に作ってみよ~っと


(ケータイのカメラで撮ったので色はご愛嬌・・・ww)
2012.06.20 挑戦中です!
果たして、美味しいカレーを作ることができるのか!?
2012.06.19 店長、帰還
 
 
1週間のイタリア遠征から店長が帰ってきました

 
 
 
そして頂いたお土産

日本では手に入らない、イタリアでしか買えない「DE ROSA Tシャツ」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うひょ~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カッチョえぇ




 
 
 
 
 
イタリア話を色々聞きましたが、とにかく行ってみたくなりました

 
 
 
いつかはするぞ
自転車留学

2012.06.18 勲章。
じゃぁ~ん

・・・(笑)
 
 
 
自転車整備の基本の“き”の字も知らないようなド素人から少しでも抜け出そうと、
今自分ができることだけですが自分の自転車で練習しました
 
 
 
こんなことで記事にしているようではまだまだ未熟者もいいところですが、
1つ1つ、しっかりと体で覚えていきたいと思います

天候不良ですのでお休みです





次回、宜しくお願い致します
2012.06.16 整理中。
 
 
ただいま、頑張って店内を少しでも見やすいように整理整頓中です
(まだまだ全然程遠いですが・・・)
 
 
 
女性用コーナーも頑張っております

 
 
 
 
ではでは

 
 
 


6月30日のツール・ド・フランス開幕まであと15日
 
 
本場フランスも盛り上がってる頃かと思いますが、当店も負けていられません

 
 
 
 
おなじみのジャージが入荷致しました

 
 
 
今のところ各色限定1着

 
 
 
…ですが、すでに総合リーダージャージ「マイヨ・ジョーヌ」は早くもご購入頂きました
 
 
 
ご覧になりたい方はお早目に当店へお越し下さいませ
 
 
当店はコチラ
2012.06.13 昼呑み。
昼間っから呑んじまったゼィ








試飲だけど
ww







やっぱり高い酒は美味いな

2012.06.11 富士HC LC杯④
どっと疲れた体を癒すべく、「河口湖温泉寺」さんへ

熱々の温泉にどっぷり浸かりながら、必死に頑張ってボロボロになった両足を入念に
揉みほぐしました
 
 
 
ほてった体に温泉の余韻を残しつつ、河口湖駅へ




 
 
 
1日お世話になった自転車を輪行袋に詰め、「フジサン特急」で大月へ


 
大月から再び特急に乗り、船橋経由で自宅に9時20分頃到着しました
 
 
 
自転車に乗り始めて5年目にして初めて脚を、しかも激しく攣ってしまうアクシデント
に見舞われはしましたが、それでも皆さんと楽しい時間を過ごすことができ、とても
楽しかったツーリングになりました


 
 
 
ちなみに、富士スバルラインの料金所から5合目までのタイムは1時間24分
去年のタイムと比べても30秒ほどしか縮まりませんでしたが、新しいフォーム
や攣った時の対処法など、色々勉強できた24㎞の旅でした

 
 
 
詳細はホームページ内のブログにもあるので是非

 
 
 
 
 

総走行時間:2時間38分35秒
総走行距離:67.40㎞
平均速度 :23.0㎞/h
最高速度 :63.6㎞/h
2012.06.11 富士HC LC杯③
昼食は、ほうとうの「小作 河口湖店」さんへ





 
私は「豚肉ほうとう」を注文


 
プラス、何年も前からずーっと気になっていた「小豆ほうとう」を1つ注文し、7人で分け合って
食べてみました


予想通りデザート感覚で食べるほうとうのようでしたが、「小豆ほうとう」を口にした7人全員が
同じ感想でした。
 
 
 
 
 
 
「メインで食べればよかった
とww
 
 
 
 
 
とにかく小豆が美味しく、デザートといっても甘さは控えめ
自転車で体力を激しく消耗して糖分を欲している体にとってまさに最っ高のものでした


 
 
 
 
 
胃袋を満たし、最後は体を癒しに温泉へ




2012.06.11 富士HC LC杯②
朝6時に新小岩南口に集合
 
 
その後錦糸町で特急に乗り換え、大月へ

大月で乗り換え、目指すは終点「河口湖駅」
 
 
 
そして10:55分、富士スバルラインの料金所前から一斉スタート




 
 
 
先頭で飛び出し、“強脚”のお二方と登って行きます

 
 
 
…が、登り始めて10㎞地点ぐらいで左ふくらはぎを攣(つ)ってしまいました


 
 
しかし、一緒に走っていたA様が攣った時の対処法と楽に登れるフォームを
教えて下さり、なんとか足を止めずに漕ぎ続けることができました

 
 
 
 
 
12㎞地点ぐらいで、1度遅れて離れてしまったT様が先頭を走る私とA様に合流
しかもそのまま抜いて行ってしまいました

 
 
 
T様はそのままトップでゴール

 
私はもがき苦しみながらなんとか2位でゴールしたものの、ゴール直後にふくらはぎ、
太もも、股関節を攣ってしまいました・・・

 
5合目に着くと、自転車で登ってきたのが珍しかったのか、観光に訪れていた
中国・台湾系の方々が「一緒に写真を撮ってください」と次から次へとシャッター
の嵐
ww
 
ちょっとした有名人気分を味わいました
ww
 
 
 
 
 
5合目は寒く、建物の中に入ってしばしの休息
ここでしか手に入らない「富士山めろんぱん」を食べました

 

 
 
 
 
 
遅れている方々を迎えに行こうと5合目を後にし、Uターンして再び登り始めたその矢先、
左の太もも裏からふくらはぎにかけて激しく雷が走り、動けなくなってしまいました


 
 
 
「肉離れかも


」と焦りながら、痛みが治まるまで5分ほどひたすら我慢・・・

なんとか症状は治まりましたが、「次に攣ったら肉離れだな」と思うほどのものでした

 
 
もはや登れる脚は無く、とにかく攣らないように来た道を下りました
 
 
 
 
 
 
なんとか攣ることなく料金所まで戻り、他のメンバーを待って昼食へ
2012.06.10 富士HC LC杯①
行ってきました
 
 
第2回富士ヒルクライム(HC) ライトサイクル(LC)杯



 
 
 
結果は・・・
 
 
 
 
2位でした

 
 
 
ですが、ふくらはぎ、そして太ももの裏を攣(つ)りながらの2位です
 
 
 
健闘を称えてやって下さい
ww

 
2012.06.10 よっしゃ!
これから、富士山に向けて出発や

 
 
 
…明日から“弁当男子”に挑戦
 
 
 
さぁ、いつまで続くかな
ww
 
 
会社を辞め、サイクルショップの店員になりました
 
 
 
 
言いたいことはそれだけですww
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。