空港で荷物を引き取った後、すぐにタクシーに乗り込み、台北の駅へ
当初計画していた予定の時間が間に合わず、駅まで走ったり駅の中を走ったり...


初めて来た未知の土地で右も左も分からず、とりあえず足を引っ張らないようにただただ後ろをひたすらついていく僕...ww


ほとんど観光ができないので、ちょっとした間に写真を取りつつ...。

これは台北の駅内です
日本でいうと「東京駅」みたいな感じですが、平日(?)にもかかわらずスーツ姿のビジネスマンをほとんど見掛けなかったところが日本と違いました
Taichung Bike Week ②

新幹線に乗り、台中駅へ
Taichung Bike Week ② 2

新幹線で少しくつろげるかと思っていたら、小さい子供を連れた4人家族のところの座席...
席を向かい合わせて座っているので、僕の前には父親が...。
しかも、結構ガッチリ体型な方で、僕の肩身はより一層狭くなり...ww

しかもご飯まで食べ始め、視線をどこに持ってったら良いのか、座っている間にひたすら悩み...ww

そんなこんなで1時間ほど(?)耐え抜き(笑、台中駅に到着


改札を出ると、現地のレンタカーのドライバー、ケビンさんが待っていました
ケビンさんの運転で彼のレンタカー屋に向かい、車を借りる手続きをします

聞くと彼、このレンタカー屋さんで働き始めてからまだ2週間しか経っていないとか



こちらがそのレンタカー屋さん
Taichung Bike Week ② 5


レンタカー屋さんの前には、さっそく日本では見たことのない自転車が
Taichung Bike Week ② 3


...
こっちは自転車じゃなくて、電動バイク
Taichung Bike Week ② 4

レンタカーの手続きを終え、店長の運転で最初の目的地へ


この道路は「1番高速」
日本でいうところの「首都高速◯号線」といった感じ

なんで写真を撮ったかというと、この写っている区間、道幅が凄く広く、しかもひたすら一直線

…実はここ、有事などの際に戦闘機(飛行機)の滑走路になるんです

「いつ中国に攻め込まれるか分からない」という台湾の緊迫な情勢を垣間見た道路でした
Taichung Bike Week ② 7



さてさて、最初の目的地に到着

僕自身も使っているホイール、「EQUINOX」ブランドを生産している「GIGANTEX」社です
Taichung Bike Week ② 8

新製品の情報や日本の、マーケットについてなど、様々な内容を密に打ち合わせることができました。

工場内部を見学することもでき、自分が使っている(取り扱っている)ホイールがいかに素晴らしい製品なのか、ということが分かりました。

お客様にも安心して使って頂ける、本当に素晴らしいホイールを生産しています



工場を後にし、いよいよ「Taichung Bike Week」の会場へと向かいます
Taichung Bike Week ② 6



続く...
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minaraimattyan.blog.fc2.com/tb.php/201-063588ca