一流品 

2012, 12. 10 (Mon) 09:23

先日、大涌谷まで紅葉狩りに行った帰りのこと。

その日はカーボンホイール「EQUINOX SP50」を履いて出掛けました。



箱根駅伝でもお馴染みの国道1号線を下っていた際、渋滞のため前を走る車との距離が詰まっていたのですが、
少し速度が上がった時に前の車が通過した所に大きなくぼみがあり、気付いた時には時すでに遅し…。
前後輪共に勢いよく突っ込んでしまいました


後輪から「パキッ」という乾いた音と、ブレーキをかけた時に感じる何かつっかかるような感覚。


特にパンクした訳ではなかったので、JCRCのレースにも、お客様との走行会でも使っていました。


その後、後輪に振れが出ていたので直そうと思ってお店に持って行き、いざ直そうと思ったところ、ブレーキ面の一部に膨らみが




そう、割れていたのです



リムだけ交換することになりましたが、当日パンクした前輪も気になるところ…。


「45km/hでかっ飛ばしていたレースでぶっ壊れなくて本当に良かった」とちょっと安心する一方で、
改めて、製造元である「GIGANTEX」社のリムの強さを実感した出来事でした。
関連記事

コメント

見習いまっちゃん

コメントありがとうございます。

Snufkin777 さん>

ホントです…。
もしリムの破損が悪化していたら、自分だけじゃなく、レースに向けて日々トレーニングされている方々にも多大な迷惑を掛けてしまうところでした…。

欠陥を見抜ける技術をもっと磨いていかなければ…!

2012/12/18 (Tue) 09:51 | 見習いまっちゃん | 編集 | 返信

Snufkin777

危なかったですねー

よくぞご無事で。。。。 一歩間違えると大事故になりかねなかったですね。無事で何よりです。リムの強さもともかく、日々の点検も大事ということですね。

2012/12/10 (Mon) 22:19 | Snufkin777 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント