1月27日(日)の定例走行会。



寒さと強い西風の予報もあってか、いつもと比べると少なめでしたが、6人のお客様にお集まり頂きました♪


今回はなんといっても僕イチオシの「BAMBOO BIKE」にしっかり挑戦♪


“インプレッション”という表現はちょっと大げさですが、乗ってみた感想を書いてみようと思います♪
2013.1.27 BAMBOO BIKE in 走行会 2
2013.1.27 BAMBOO BIKE in 走行会 3
<車体重量>
自転車そのもの重さについてです。

フレームに使われている「竹」がかなりの肉厚ということもあり、お店に届いたフレームで計測した重さはおよそ2㎏もあります!

写真の、「COSMIC ELITE(コスミック エリート」(※ペア重量:カタログ値1,770g)を履かせた状態では9.98㎏。
(今回、乗り心地などをよりしっかりお伝えしようと思い、普段から使っている、「COSMIC ELITE(コスミック エリート」を使いました。)

比較的安価なアルミフレームのロードバイクや鉄フレームのロードバイクとほぼ同じ重量といったところです。




<乗り味>
乗った感じは、「優しいな」という感じ。
カーボンフレームとはまた全然違う振動吸収性の良さ。
それは、あえてちょっとしたデコボコとした道を進んで走りたくなるような、それぐらい乗っていて気持ちの良い振動吸収性です。

僕が日本語のボキャブラリーに乏しくてあまり多くの言葉(単語)を知らないのと、たくさんの種類の自転車に乗れていないせいでいつも分かりにくい表現をしてしまうので申し訳ないのですが、この自転車に限って言えば、逆に「そういった言葉でしか表現ができない、まったく新しい乗り味なんだな」と思った方が自然なような感じがします。

つい先日も、ご試乗頂く前のお客様に「乗り味はどんな感じか?」を聞かれたので「振動吸収性が凄く良くて、優しい乗り味です」と答えたところ「う~ん、分かりにくいなぁ~」と言われてしまったことがありました。



しかし、「まぁ、とりあえず乗ってみるわ」と、お乗り頂いたお客様が戻って来られた際の第一声が「あ~、なるほど、優しい乗り味、確かにそんな感じだね」でした。

「確かに乗ってみないと分からない新しい乗り味だし、表現するのが難しい乗り味だね」ともおっしゃって下さいました。

まぁ、自分をフォローするわけではありませんが(笑)、普段カーボンやアルミ、クロモリ、チタンなど様々な素材の自転車に乗っていても、良い意味で“普通に乗れる”自転車であることは間違いありません♪


<走行性能>
“良い意味で普通に乗れる”と書いたように、ロードバイクとして何の違和感も無く乗れてしまいます。

しかし、乗っていてどうしても気になってしまうのが自転車自体の重さ。
今回走った荒川サイクリングロードでは北風(西風)が強かったので、往路は完全な向かい風、復路は追い風だけど少し向かい風、というコンディションでした。

確かに良く走ります。
向かい風の中を30㎞/hほどで踏むこともできるし、追い風ともなれば40㎞/hオーバーも楽々です♪
しかし、重さのせいかその運動量を長い時間維持することが難しいです。
ヒルクライムや高速巡航などには、やはり向きません。
自分のペースで、長い距離をゆったりまったり走るような走りを楽しむ方にはピッタリの自転車であると言えます。




初めての本格的(?)なインプレッション(?)でした。
メッチャ難しかった...ww
あまり参考になるとは思えないのですが、頭の隅にでも残るような感想にして頂ければ嬉しいです♪
2013.1.27 BAMBOO BIKE in 走行会 1




走行会にて、「さくら」を出発する前に1枚♪
2013.1.27 BAMBOO BIKE in 走行会 4





お問い合わせは「LIGHT-CYCLE」へ♪
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minaraimattyan.blog.fc2.com/tb.php/252-fa69f1cc