昨年の初出場に続き、今年も「サイクリング・フェスティバル あさま 車坂峠ヒルクライム」に参加して来ました

2013.5.12 車坂峠HC 当日 7
1週間前の予報では土曜日から日曜日にかけて雨の予報でしたが、直前になって天気が前倒しになり、迎えた当日は昨日夜遅くまで降り続いた雨がウソのような快晴となりました


宿泊先を出発するのが少々遅れてしまい、会場には7時30分過ぎに到着

昨年と同じ第2駐車場(材木置き場)に車を止め、朝食と準備に取り掛かります
2013.5.12 車坂峠HC 当日 1


上で受け取る荷物を預けにスタート地点へ向かうと、あれれ、どこかで見かけたことのあるような自転車...


勇気を出して声を掛けてみたらやっぱりそうでした
ブロともさんの「Shufkin777」さんでした


Snufkinさんもちょうど荷物を預けるところだったので、開会式が開かれる「エンジョイの部」スタート地点まで一緒に走りました
2013.5.12 車坂峠HC 当日 11

んで、ツーショット
2013.5.12 車坂峠HC 当日 2
スタート10分前にスタート地点まで戻るとすでに長蛇の列
でもこのレース、計測チップを使わずに目視でのタイム計測だし上位に食い込むことが難しいコースなので、年齢別に整列している集団の後ろについても全然大丈夫
むしろ、後ろからスタートした方が自分のペースで走れるので良いタイムが出やすいかも(笑)



レースは9時ちょうどにスタート
30歳未満の「ロードA」から順次スタートしていきます


コース前半は緩やかな勾配のところが多少ありますが、中間地点を過ぎると勾配は一気にキツくなります。
前半は「落とし過ぎず飛ばし過ぎず」で走り、後半に備える作戦

前日に車で下見をした際、「応援ポイントのある中間地点ちょい手前までで25分」を目標に走ることにしました


応援ポイントのすぐ手前では、30分ほど前に先にスタートした「エンジョイの部」に参加されている皆さんがレース部門の選手を先に行かせるために待機。
待機している間、選手達に給水をしてくれます。
僕も「給水欲しいっ」というアピールをした上で水をもらい、いよいよ「25分」と設定した応援ポイントへ
2013.5.12 車坂峠HC 当日 12

2013.5.12 車坂峠HC 当日 13

結果は「24分とちょっと」

1分ほど稼ぐことができました。

ここからはとにかく自分との勝負
心拍は190近くを打ったまま。
脚はまだ余裕がありますが、とにかく呼吸が持ちません...

「今年は55分を切る」という目標も立てていたので、時間とも勝負しなくてはなりません

やっと、やっとゴールが見えてきましたが、チラッとタイムを見るともうすぐ52分が終わりそう...

「あぁ、クソッ」と最後のもがきもむなしく、ゴールに飛び込んだ時に見たタイムは「53分ちょっと」...。


52分こそ切ることができませんでしたが、当初の目標だった「55分切り」を見事に達成することが出来ました


ゴール後、炊き出しの豚汁を食べているとSnufkinさんがゴール

Snufkinさんの愛用カメラで記念写真を撮っていただきました~
2013.5.12 車坂峠HC 当日 14




11時には下山しました。

下山した後はいよいよお楽しみ
アットホームな雰囲気の“パーティー”が開催されるんです
2013.5.12 車坂峠HC 当日 5
参加費5,500円の中に800円分の“お食事券”がついていて、定番の焼きそばやフランクフルト、チョコバナナはもちろん、地元小諸市の学校給食でも食べられているトマトたっぷりのスープやラーメン屋さんまでもがお店を出しています


また、オーケストラの皆さんも来ていて、ド迫力の生演奏が会場の雰囲気をさらに盛り上げてくれます
2013.5.12 車坂峠HC 当日 6


ラーメンはこんな感じ
2013.5.12 車坂峠HC 当日 3
見た目以上にボリュームがあり、とても美味しいです



さてさて、そうこうしているうちにリザルト(結果)が発表になりました

気になる順位は...
2013.5.12 車坂峠HC 当日 4
...
総合で69位(※昨年は164位)
30歳未満の「ロードA」では17位(※同26位)
タイムは0:53'12(※同0:57'12)
昨年の記録をちょうど4分上回る好タイムでした



会場では最後に抽選会が行なわれましたが、残念ながら当たらず...
こういう時に全く運が回ってこないのが僕なのです...



帰りは父の運転する車の助手席で爆睡
寝る前から「アイスが食べたい」と訴えていたので、以前に父が行ったことのあるという「萌木の村」に立ち寄りました
2013.5.12 車坂峠HC 当日 9

2013.5.12 車坂峠HC 当日 10

ボリューム満点のサンデーを注文
走った後のカロリー補給は重要です
2013.5.12 車坂峠HC 当日 8



今年の「車坂峠ヒルクライム」は、結果も含めて満足することができました
が、来年はいよいよ「50分」という大きな壁を越えてみようと思います

また来年に向けて頑張っていくぞー
おぉー
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minaraimattyan.blog.fc2.com/tb.php/346-59071898