そしていよいよ本日最後の林道「醍醐林道」へ



最後にして最難関の林道へいざ
2013.7.3 ににく沢林道 7
「醍醐林道」は全線舗装路の林道
林道序盤は路面状態はそれほど悪くなく、ロードでも充分走れるレベルです
2013.7.3 醍醐林道 1


勾配は段々とキツくなっていきます
2013.7.3 醍醐林道 2


周りが林道らしい雰囲気になってくると勾配はゆうに10%を超え、10%を切る区間が稀なほど
2013.7.3 醍醐林道 3

2013.7.3 醍醐林道 4


終盤に差し掛かった頃、ここまで真面目に補給食を摂ってこなかったことが響いてまさかの"ハンガーノック(車でいう"ガス欠"。不思議に思われるかもしれませんが、自転車に乗っていてハンガーノックになると、自分でもビックリするぐらい自転車に乗ることができなくなります)"


たしかこの写真を撮った時にはすでに自転車を押して歩いていたような記憶があります…
2013.7.3 醍醐林道 5
自分で記憶している限りでは、「全く乗ることが出来なくなった」ハンガーノックは初めてでした


今回はたまたま補給食をいつもより1つだけ多く(いつもは3個。今回は4個)持っていっていたので、ここで一気に2個食べ、何とか乗れるようになりました


GPSにはすでに「醍醐峠」と、ピークを示す文字が表示されていたので、ピークを目標に、必死になって歯を食いしばりながら上ります


とりあえず風景を撮りましたが、もはや楽しんでいる余裕などありません…
2013.7.3 醍醐林道 6


そして迎えたピーク

これほどまでに「よっしゃー」という気持ちと「下り最っ高」と感じたヒルクライムはありません
文字通り「生き返った〜」という感じでした


下りもまた結構な勾配でしたが、すぐに見覚えのあるダートが
2013.7.3 醍醐林道 7
下調べをしていた時に「醍醐林道の終点直前にほんの数百mのダートがある」ことを知ったので、「えっ、もう終点」とビックリ


奥のカーブを曲がった先には「和田峠」のピークがあります
2013.7.3 醍醐林道 8


平日だったこともあってか、サイクリストはおらず…。
2013.7.3 醍醐林道 9


「和田峠」から山梨県側(相模湖方面)に下った先にもいくつか行きたい林道がありましたが、とにかく「醍醐林道」で脚が売り切れてしまったのでこの先は次の機会にチャレンジ

「陣馬街道」へと戻るため、和田峠を下っていきます
2013.7.3 醍醐林道 10


ま〜たこれがすんげぇ勾配なんだなぁ〜
2013.7.3 醍醐林道 11
1回も上ったことのない道を下ってしまうと、次に「行こう」と思った時に「あぁ、あの上りが…」と、かなりネックになってしまうんだよね〜




…というわけで、色々とあった今回の"林道攻め"
1日で9本も上るという偉業()を達成し、これでまた自分のコースを増やすことができました


コレが今回の走行データ
2013.7.3 醍醐林道 走行データ
MTB(マウンテンバイク)で走った最長距離の記録を更新

しかーしっ
95km、林道9本上った割には獲得標高が1,700mちょっとなので、やや不満…ww
ただ、6時間走って停止時間がわずか16分ってのは、我ながらあっぱれ


お疲れ様でした、自分
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minaraimattyan.blog.fc2.com/tb.php/396-3518bb17