1月23日(木)に小田急線で起きた、上下線計28本に最大40分以上の遅れと、27,000人に影響が出た件。


「線路内に人立ち入りの影響」ということでしたが、ふたを開けてみればとんでもないことが起こっていたようです…!
新宿駅20時53分発の「急行 藤沢行き」に乗っていると、途中で電車が止まり、やがて「線路内に人立ち入りの影響で…」と車内アナウンスが。


ところがどっこい!


今回車掌さんがたまたま詳細な話をしてくれる方だったので知ることができたのですが、どうやら上り線を走る電車から“外に出た”らしい…!


そんなアナウンスが流れると車内にはどよめきが。



ついには、その“外に出た人”がある区間の線路内にまだ居るらしいということでまさかの全線運転見合わせ!


車内からはどよめきやりため息やらが漏れました…(x_x)


長時間の立ちっぱなしでふくらはぎがピクピクし始めていましたが、せめてもの救いは車内送風がされたこと。
満員でただでさえ暑いのに、長時間立たされては体調を崩す人が出かねません(x_x)



しばらくすると再び車内アナウンス。
どうやら“外に出た人”が捕らえられたらしい!



運転再開見込みの「22時」を上回る21時45分くらいに自分の乗る電車がようやく動き出しました。


結局、家に帰るのに3時間かかりました…。


その後友人の情報によると、走行中の快速車両にて39歳の男が29歳の女性相手に迷惑行為をはたらき、そのまま窓から飛び降りてしばらく逃げ、線路から50mほど離れたマンションの敷地内で警察官に見つかったらしい。


39歳の良い年したおっさんたった1人の、迷惑行為の内容は知りませんがしょーもない行動で30, 000人近い人に迷惑かけたんですから、賠償請求くらいは罰が当たらないと思いますがどうなることやら…。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minaraimattyan.blog.fc2.com/tb.php/546-87aca4b4