3月5日(水)から8日(金)までの3日間、去年に続いて今年も「台北ショー」に連れて行ってもらいました。



まずは当店が代理店を務めておりますEQUINOX(エキノクス)」のブースに行ってきました。
凄いホイールが展示されていました。
2014.3.5 台北ショー2014 EQUINOX 1
その名もEQUINOX MiRacle(エキノクス ミラクル)」
2014年のアワードを獲得した、最先端のホイールです。
22014.3.5 台北ショー2014 EQUINOX 2
リムとスポークが一体の、EQUINOXが持つ最先端テクノロジーを駆使したフルカーボンホイールです。
EQUINOX社はリムを硬く作ることができます。
硬く作ることができるからこそ生み出すことができるホイールがこの「EQUINOX MiRacle」です。
2014.3.5 台北ショー2014 EQUINOX 3

2014.3.5 台北ショー2014 EQUINOX 4

2014.3.5 台北ショー2014 EQUINOX 5

2014.3.5 台北ショー2014 EQUINOX 6

重量も、前後合わせて1,090g。
実際に手に取ってみると、持った手がフワッと浮くような感覚になるほど軽いホイールです。
2014.3.5 台北ショー2014 EQUINOX 7



こちらは昨年のレポートでお伝えしたかもしれませんが、2013年のアワードを獲得した「EQUINOX M.I.S.S(エキノクス ミス)」
2014.3.5 台北ショー2014 EQUINOX 9
スポークとハブが一体の、こちらも最先端のフルカーボンホイールです。
2014.3.5 台北ショー2014 EQUINOX 10

2014.3.5 台北ショー2014 EQUINOX 11

2014.3.5 台北ショー2014 EQUINOX 12

2014.3.5 台北ショー2014 EQUINOX 13



ちょっと話は逸れますが、EQUINOXのブースにはホイール以外にも興味をそそるものがいくつかありました。
例えばこのホイールを展示している台。
2014.3.5 台北ショー2014 EQUINOX 14
これもフルカーボン製で、手に取るととても軽かったです(笑)


さらにテーブル。
天板から脚に至るまで、これもフルカーボン。
2014.3.5 台北ショー2014 EQUINOX 15
おまけに天板にはちょっと秘密があって、実はホイールを天板に使っていました(笑)
それが証拠に、3つあったテーブルのうち1つの天板には、チューブラータイヤが貼り付けたままでした(笑)




さてさて話を戻しまして...
今年のアワードを獲得した「EQUINOX MiRacle」の他に気になったのがこのホイール。
2014.3.5 台北ショー2014 EQUINOX 16

細身のスポークでとても美しいですが、このスポークも実はカーボンでできています。
凄い!
2014.3.5 台北ショー2014 EQUINOX 17

2014.3.5 台北ショー2014 EQUINOX 18

2014.3.5 台北ショー2014 EQUINOX 19
これだけデザイン性に富んでいるホイールを作ることができるのは、おそらくEQUINOX社ぐらいだと思います。

EQUINOX社のホイールは、とにかくリムが硬くて強く、耐久性に長けています。
リムの硬さは確かに走りのフィーリングに直結しますが、「硬い」からと言って決して乗り味が悪いわけではなく、その点はカーボンという素材が上手く補っているように感じます。

リムの硬さは、特に長い下りでのブレーキングに影響します。
リムが硬いことで、ブレーキを引きずる様な長い下りの場面においてもリムが熱で変形したり破損したりすることがありません。

例えば、超軽量ホイールを世に出している「Lightweight」と比較してみると、実は2014年版のカタログから、「ヒルクライムイベントなどでの下りでは使用を控えてください」という注意書きが出ています。

軽さを重視すると素材を最小限に抑えなければならなくなってしまうことが要因と考えられますが、EQUINOX社のリムは独自の特殊な成型技術を持っており、「硬さ」と「軽さ」を併せ持ったリムを作ることができるのです。


EQUINOXのリムはブレーキの効きもバッチリ。
ちょうど先日、九州のお客様から「EQUINOXについてくるブレーキシューを他のカーボンホイールに使っても大丈夫か」というお問い合わせをいただきました。
なんでも、「他のカーボンホイールよりもEQUINOXのホイールがブレーキが良く効く(お客様 談)」んだとか。



こういった、僕も含めて実際に使ってみて感じている良さを、お客様自身からいただけるのはとても嬉しいことです。
販売するに当たってなるべく自分が実際に使って感じている点をお客様にお伝えしようと心掛けているつもりですが、実際に載ってみないと分からない“フィーリング”の面が大きいので、それを言葉にしようとしてもなかなか難しいものがあります。


これだけ多くの製品が世に出ている中で、良い製品はもちろんたくさんあります。
しかしその中でお客様がなぜ当店オリジナルの製品を選んでくださるのか?
もちろん予算の面が大きいかもしれませんし、あるいは様々な情報の中から選んでくださっているのかもしれません。


使っていただければ、EQUINOXホイールが持つベアリングのスムースさや精度の高さを必ずや実感していただけると自信を持っております。



平坦をとにかく速く走りたい方には、リムハイト50mmの「SP50」を、
オールラウンドに使用したい方には、リムハイト38mmの「SP38」をお薦めしております。





「Lightweight」のwebサイトは  コチラ



「EQUINOX」のwebサイトは  コチラ



お問い合わせは「LIGHT-CYCLE」へ♪
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minaraimattyan.blog.fc2.com/tb.php/575-b8a8b796