台北ショーのレポート。


続いては、先日まで開催されていた「ツール・ド・台湾」での活躍が目立ち、見事、個人総合優勝を果たしたフンスのサイクルロードレースチーム「ポムマルセイユ」の選手も実際に使用しているブンド「CKT(シーケーティ)」です。

ポムマルセイユ」といえば、昨年惜しまれつつ引退した福島晋一さんが監督修行のために選んだチームです。
2014.3.6 台北ショー2014 CKT 10
2014.3.6 台北ショー2014 CKT 1

こちらはディスクロードモデル「398-D」
2014.3.6 台北ショー2014 CKT 2

2014.3.6 台北ショー2014 CKT 3

2014.3.6 台北ショー2014 CKT 4

2014.3.6 台北ショー2014 CKT 5

ディスクブレーキには「TRP社」のブレーキを使用しています。
このブレーキ、ワイヤー引きのブレーキを油圧に変換して制動させるブレーキです。
2014.3.6 台北ショー2014 CKT 6

2014.3.6 台北ショー2014 CKT 7

2014.3.6 台北ショー2014 CKT 8

2014.3.6 台北ショー2014 CKT 9



「368-V」
2014.3.6 台北ショー2014 CKT 11
前後ブレーキがVブレーキの、エアロロードモデルです。
2014.3.6 台北ショー2014 CKT 12

2014.3.6 台北ショー2014 CKT 13

2014.3.6 台北ショー2014 CKT 14


バッテリーの取り付け方法も他とはちょっと違います。
2014.3.6 台北ショー2014 CKT 15

2014.3.6 台北ショー2014 CKT 16

2014.3.6 台北ショー2014 CKT 17

2014.3.6 台北ショー2014 CKT 19

2014.3.6 台北ショー2014 CKT 18

2014.3.6 台北ショー2014 CKT 20





お問い合わせは「LIGHT-CYCLE」へ♪
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minaraimattyan.blog.fc2.com/tb.php/576-5945aadd