最後の観光地は琵琶湖畔の城下町「長浜」
そこにある「黒壁(くろかべ)」という観光地です
 
 
明治時代に第百三十銀行長浜支店として建築された黒漆喰の外壁を持つ建物を、地域活性化の拠点として観光地にしたのが始まりだそうな
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
町並みはご覧のように“黒漆喰の城下町”といったところ
古き時代にタイムスリップしたかのような、どこか懐かしい空気が漂っていました
 
 
 
「腹が減っては戦は出来ぬ」ということで、まずは腹ごしらえww
どうやら「のっぺいうどん」という食べ物が名物だそうで、「茂美志屋(もみじや)」さんへ
早速「のっぺいうどん」を頼むと…

 
この大きさで一人前です

ダシはとにかくドロッとしていて、でも片栗粉では出来えないトロトロ感
どうやら、「吉野葛(よしのくず)」をヒントに、うどんダシに葛を使っているようです

 
きざみ生姜が葛ダシとよく合い、体がほっこりと温まります
大きな大きなシイタケもしっかりと味がしみていて思わず表情も緩みます
 
湯葉もこのダシにしっくりと合い、すべての食材がその個性を失うことなく葛ダシにマッチしていました

今までにない新しいうどんでしたが、とっても美味しかったです

 
 
 
腹ごしらえのあとは黒壁を散策

色々なお店に入ってぶらぶらしたり、町並みを楽しんだり…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
散策しているうちに早くも小腹が空いてしまい…ww
 
竹炭を練りこんで作られたその名も「黒壁ソフト」を食べ歩き

 
 
練りこまれている竹炭のせいか、じゃりじゃりとした感触がまた新しい

 
ベロと口の周りを真っ黒にしながら散策再開ww
 
(唇についたアイスを手の甲でふいたのは良いものの、炭のせいか水で洗うまで落ちなかった
w)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
黒壁を後にし、琵琶湖へ


さすがは日本一の湖
対岸が見えねぇwww
目隠しして連れて来られたら、「どこの海
」ってなります
ww
 
 
 
 
 
レース本番に向け、普段は車しか入れない「伊吹山ドライブウェイ」を下見しに行ったものの通行止めで入れず…

写真奥のてっぺん近くまで登っていくと想像しただけで嫌になる

…ww
 
 
 
そして次の日、いよいよレース当日を迎えるわけですが…。
 
レース当日の様子はまた後日
したいと思います
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minaraimattyan.blog.fc2.com/tb.php/62-f9d032b7