GIANT2015モデル。

続いては、今年ディスクブレーキを搭載し大きくモデルチェンジを果たした「DEFY(デファイ)シリーズ」です。
2014.9.3 GIANT 2015 ③ 1

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 2

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 3
2015モデルの「DEFY」シリーズ。
ディスクブレーキを採用したのはカーボンモデルで、アルミモデルは通常と同じキャリパーブレーキを採用しています。
2014.9.3 GIANT 2015 ③ 4

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 5

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 6

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 7

SHIMANOの新製品発表会がまだなので詳細は分かりませんが、“ブレーキ:油圧式、変速:ワイヤー式”の新しいSTIレバーが取り付けられています。

変速はワイヤー引きなので、FD(フロントディレーラー)やRD(リアディレーラー)は通常のもの(ULTEGRA6800シリーズや105・5800シリーズ)が取り付けられています。
2014.9.3 GIANT 2015 ③ 8

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 9

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 10

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 11

DEFY」シリーズはシートステイの取り付け位置が“トップチューブのそば”ではなく、少し下がった位置でシートチューブに取り付けられています。
2014.9.3 GIANT 2015 ③ 36
取り付け位置を下げることによって「フレームの後ろ三角にバネのような役割を持たせ、後輪から伝わる振動を抑える」という考え方がある一方で、「取り付け位置が下がることで路面からの突き上げが酷くなり、乗り心地が悪くなる」という考え方もあります。

その考え方はGIANTの方も認めていて、その上で新しいシステムを今回「DEFY」で採用しました。

それがこの「D-Fuse(ディー・フューズ)」というシートポスト。
2014.9.3 GIANT 2015 ③ 12
丸形でもなく、エアロ形でもなく、涙形でもない、「D形」という新しい形状を採用しました。
真上から見ると、アルファベットの「D」の形をしているので「D形」です。

この形が一番“しなり”やすく、振動吸収性が抜群なんだとか。
実際に営業の方が乗っても、その効果は驚くほどだったそう。

実際にどのくらいしなるのかを試した動画がありますので、ご覧になってみて下さい。




2014.9.3 GIANT 2015 ③ 13

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 14

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 15

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 16

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 17

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 18

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 19


この「DEFY 4」は、今年の夏ごろに登場して人気の高かったグレード。
税抜き8万円という価格に、ドロップハンドルに初めて触るお客様でも安心してお乗りいただけるよう、上ハンドルにはサブブレーキを標準装備しています。
2014.9.3 GIANT 2015 ③ 20

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 21

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 22

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 23

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 24

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 25

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 26

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 27

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 28

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 29

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 30

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 31

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 32

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 33

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 34

2014.9.3 GIANT 2015 ③ 35





お問い合わせは「LIGHT-CYCLE」へ♪
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minaraimattyan.blog.fc2.com/tb.php/671-93633b22