ANCHOR アンカー 2016モデル 展示会

9月9日(水)


注目のジャパン・ブランド、ブリヂストンが展開するスポーツ自転車ブランド「ANCHOR(アンカー)」の展示会が渋谷にて行われました。
2016モデルのトピックスは、
RS9RS6の登場
カラーオーダー
の2つです。
2015.9.9 ANCHOR 2016 8
今回Newモデルとして登場する「RS9」と「RS6」は、それぞれ「RIS9」と「RA6」の後継モデルという位置付けになります。

レーシングチームを持ちつつもよりゆったりと乗ることができるロングライド向けバイクも展開するなど、幅広いユーザーをターゲットに商品ラインナップを揃えるアンカーですが、今回のNewモデルは、
アンカー=レーシングブランド〟
という基本理念のもとに開発されました。

その上でキーワードとなったのが「推進力の最大化」。
〝速く進む性能=推進力をいかに高めるか〟をポイントに開発が進められました。


マーケティング部によるプレゼンテーションでは、スライドを使った説明が行われました。
2015.9.9 ANCHOR 2016 1
「踏み込みに対するリアエンド側の変形(左足を踏み込むとリアは右方向に、右足を踏み込むとリアは左方向に変形する)が大きいとそれだけ推進力は下がる」というのが、〝自社ラボ(アンカーラボ)〟も持つアンカーでの分析。

この「〝リアエンド側の変形量=舵角〟が小さいほど推進力は高い」というのが「推進力の最大化」になるということが分かりました。

この分析結果を踏まえてNewモデルを開発するにあたり、アンカーは新しい研究システムも開発。「PROFORMAT=エネルギー効率(推進力)最大化解析技術」というシステムです。
2015.9.9 ANCHOR 2016 2

2015.9.9 ANCHOR 2016 3
この「エネルギー効率(推進力)最大化解析技術」は、従来の静的試験ではなく、実走状態を再現しての動的試験ができる新しいシステムで、エネルギー効率(推進力)を数値化するだけでなく、従来モデルとNewモデルとの推進距離や推進効率の比較も行うことができます。


アンカーラボではこのようにプロチーム選手も開発に携わり、様々なデータ取りを行っています。
2015.9.9 ANCHOR 2016 4

2015.9.9 ANCHOR 2016 5

「PROFORMAT」での検証結果がこちら↓
2015.9.9 ANCHOR 2016 6


〝推進力の最大化〟を実現するとともに、「RS9」、「RS6」は新しいカーボン素材も使用することで若干の軽量化も実現しています。
気になる乗り味ですが、あくまでもプロチーム選手のインプレッションですが、
・一定のリズムでのペダリングが気持ちよく、それでいて踏み込みたい時はしっかりとした剛性がある。
・前三角の剛性が高くなり、特にダンシング時においては振りが軽い。

〝アンカー史上もっとも進むバイク〟となった「RS9」と「RS6」。
より効率が高くなっているはずなので、特に長い距離を乗るロングライドでは疲れにくくなったり、高速巡航がしやすくなったりと、様々な恩恵を受けることができると思います。







続いてはトピックスの2つ目、カラーオーダーです。
2015.9.9 ANCHOR 2016 7
好評をいただいているアンカーのカラーオーダーシステムが2015年9月9日から大きく変わります。

少し複雑なシステムになりまして詳細は店頭などでお話しますが、大きな括りとして、
①RACE STYLE
②EDGE STYLE
③SIMPLE STYLE
の3つに分けられます。


①RACE STYLE
これは2015年モデルから登場したアンカー初のTTバイク「TR9」のカラーリング。
ホワイト、ブラックを基調とするカラーに、左右非対称のチェーンステイをより強調させるレッドの差し色が入ったカラーデザインです。

この記事の冒頭や下に出てくる「RS9」に施されているカラーリングがこの〝,RACE STYLE〟です。

TTバイク、ロードバイク、マウンテンバイクの最上級モデル(RT9、RS9、XR9)の3車種のみが選択できるカラーデザインになりますのでご注意ください。

また、これとは別に従来の「レーシングカラー」と、カーボン生地色とSIMPLE STYLEカラー(=シングルカラー)とを組み合わせた「レーシングカラー 2トーン」も選択することができます。



②EDGE STYLE
ブラックに塗られたベースカラーに、トップチューブ、チェーンステイ、フォーク内側と、エッジを効かせるように差し色が塗られるデザインです。
こちらはTTモデルの「RT9」、ロードモデルの「RS9」と「RS6」、MTBモデルの「XR9」の4車種にのみ対応しますので、こちらもご注意ください。



③SIMPLE STYLE
従来からあった〝シングルカラー〟と同じと思っていただけると理解が簡単かと思います。
しかし従来の〝シングルカラー〟と違う点が1つ。
この〝SIMPLE STYLE〟のみ、塗装の仕上げ(フィニッシング)が3種類から選べるようになります。
その3種類は、
①ノーマルクリアー(従来のツヤありクリアー)
②シャーベットクリアー(ツヤを抑えて色の深みを強調する、グロスとマットの中間と言える仕上げ)
③ハードマットクリアー(表面に細かな凹凸をつけたツヤ消しカラー)
です。
特に②と③においては質感も変わりますので、後日カラーサンプルとともに質感を体感していただけるサンプルが届く予定です。

全33色での展開です。
SIMPLE STYLEはロゴのカラーも選択でき、「ブラック」、「ホワイト」、「シルバー」の3色。
つまり、このSIMPLE STYLEだけで、
「33色+ロゴ3色+フィニッシング3種類=合計297通り」
のカラーオーダーができることになります。





〝RACE STYLE〟を纏った「RS9」
2015.9.9 ANCHOR 2016 8

剛性を高めるために、BB上部に〝リブ〟を設けています。
2015.9.9 ANCHOR 2016 9

フロントフォーク上部は、DE ROSA・PROTOSのように際立つレッドカラー
2015.9.9 ANCHOR 2016 10

ブレード形状はエアロ効果を意識しています。
2015.9.9 ANCHOR 2016 11


写真ではとても分かりにくいですが、SIMPLE STYLE(=シングルカラー)での〝マジョーラ アンドロメダ〟を、ご紹介します。

こちらは上でご紹介したフィニッシングの②シャーベットクリアー(ツヤを抑えて色の深みを強調する、グロスとマットの中間と言える仕上げ)です。
2015.9.9 ANCHOR 2016 12
「グロスとマットの中間」と謳っていますが、このサンプルを見る限りではどちらかというとマット(ツヤ消し)に近いです。
2015.9.9 ANCHOR 2016 13

2015.9.9 ANCHOR 2016 14


こちらが、同じく③ハードマットクリアー(表面に細かな凹凸をつけたツヤ消しカラー)です。
2015.9.9 ANCHOR 2016 15
シャーベットクリアーとの一番の違いは、触った時の質感です。
凹凸をつけたハードマットクリアーは、触ると凹凸でザラザラした触り心地です。
2015.9.9 ANCHOR 2016 16






2015.9.9 ANCHOR 2016 17
〝EDGE STYLE〟を纏った「RS6 EX」。
2015.9.9 ANCHOR 2016 18

2015.9.9 ANCHOR 2016 19



今回の展示会では、アンカーチームとコラボレーションしたプロダクトもいくつか展示されていたのでご紹介します。

まずはヘルメット。
僕も使っていてとても気に入っているOGKカブトのハイエンドモデル「Zenard(ぜナード)」に、チームカラーエディションが登場予定です。
2015.9.9 ANCHOR 2016 20

2015.9.9 ANCHOR 2016 21

2015.9.9 ANCHOR 2016 22


続いてはキャリーケース。
輪行袋でお馴染みの「オーストリッチ」さんとのコラボレーションモデルです。
今のところ発売日は未定です…。
2015.9.9 ANCHOR 2016 23

2015.9.9 ANCHOR 2016 24

2015.9.9 ANCHOR 2016 25


こちらも「オーストリッチ」さんとのコラボレーションモデル、サドルバッグです。
2015.9.9 ANCHOR 2016 26

2015.9.9 ANCHOR 2016 27





お問い合わせは「LIGHT-CYCLE」へ♪
関連記事

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

tag : アンカー ANCHOR anchor 2016 モデル 展示 発表 RS9 RS6 rs

comment

管理者にだけ表示を許可する

いつもありがとうございます♪
プロフィール

まっちゃん

Author:まっちゃん
サイクルショップに勤務するまっちゃんのブログです。

ランキング参加中です♪
ランキング参加中です♪
ランキング参加中です♪

FC2Blog Ranking

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
分析中...
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム