昨年の初出場・初完走後は「もう2度と出るもんか!」と思っていたMTBマラソンレース「SDA王滝」でしたが...。

今年も出場し、そして今年も無事に完走できました
2016.5.22 SDA王滝 100km 43
前日の土曜日は5時50分頃、出発
今回は、
八ヶ岳PAで休憩を取り、諏訪ICで高速を脱出。
諏訪ICを降りて国道152号線・杖突街道に入り、杖突峠→権兵衛街道→中山道というルート

前を歩くサイクルウェアを着た人も王滝(笑)
2016.5.22 SDA王滝 100km 1


今年は途中で奈良井宿に40分ほどの滞在時間でしたが立ち寄り、昨年はできなかった観光もちょこっとだけ


中山道に入り、「道の駅 日義木曽駒高原」でお土産を買い、「さぁ、温泉にでも...」とクルマに乗ると左からクラクションの音

「ん知り合い」と思いながら音がした方を見ると白いクルマ。
一瞬分かりませんでしたが、今回一緒に、初めて参加されるお客様のK様でした


実は今年は昨年のように1人だけの参加、ではなく、お客様3名と一緒に参加してきました
100kmの部は僕を含めて3名、残る1人は20kmの部への挑戦です


せっかくK様と合流したので、そのまま道の駅でランチに
「すんきとん丼」をいただきました
2016.5.22 SDA王滝 100km 2


ランチを終え、「イオン木曽福島」へ立ち寄って夕食と当日の朝食などを調達。
その後一旦K様とはお別れし、僕はそのままお風呂へ

今年は、会場から少し離れた所にある日帰り温泉「せせらぎの四季(とき)」さんへ
2016.5.22 SDA王滝 100km 8


お風呂から出て、買い出しも終わっているのであとは会場入りして準備をするのみ
というわけで「松原スポーツ公園」にやってきました
14時30分くらいの会場入りでしたが、メンバーで一番早くの到着でした
2016.5.22 SDA王滝 100km 9


その後ぞくぞくと到着し、
2016.5.22 SDA王滝 100km 10

受け付けを済ませて明日の準備だったり今夜の準備に取り掛かったりしました
2016.5.22 SDA王滝 100km 11

上手く4台集まって停められたので、宴の席を車で囲うようにして準備
2016.5.22 SDA王滝 100km 12


僕も寝床の準備をしたり、自転車の準備をしたり
(皆さんに「こんな狭い空間で寝られるの!?」と驚かれましたが、これでもちゃんと寝返りは打てるので余裕です)
2016.5.22 SDA王滝 100km 13
実は、直前に行った「ふじてん」の影響かリアブレーキパットが摩耗してほとんど無い状態だったことに偶然気が付き、会場でフロント側のブレーキパッドと入れ替える作業を行いました

こういう点検は本来なら出発前にやっておかなければいけないので反省...


そして17時30分。
コース状況などがアナウンスされるミーティングが始まりました
2016.5.22 SDA王滝 100km 14
「今年はCP1の最初の登りが比較的ガレている」とのこと。
あとは昨年と同じ感じの注意喚起などでした


19時頃、ミーティングは終了。
夕日に染まる御嶽山からは、未だに時々噴煙が上がっていました。
2016.5.22 SDA王滝 100km 15
昼間は27℃前後あった気温も、この時間になるとぐっと下がり、ダウンジャケットを着ても足元から冷えてきます
用意した寝袋はマイナス対応の真冬用。
昨年は寝間着を甚兵衛にして失敗したので、今回は冬用の寝間着(パジャマを持ってったので笑われましたが 笑)を着用しました


さぁ、お楽しみのディナーです
2016.5.22 SDA王滝 100km 16
H様がダブルコンロを持参して下さったので、おつまみを焼いたり、メインディッシュの焼きそばを作って食べたり
僕はあくまでも自分の食べる分しか買ってなかったので、いただいてばかりでした...

ちょっとここだけ明る過ぎますが...
(周りにいらっしゃった方々、すみませんでした)
2016.5.22 SDA王滝 100km 17
皆さんに宣言していた通り、21時30分に寝床に入りました



そして、当日
3時30分頃に起床し、4時にスタート地点へ
昨年はその時間でもまばらだったのに、今年はすでにかなりの選手がバイク整列のために待っていました
2016.5.22 SDA王滝 100km 3


昨年と違って今年はカラーコーンが直前に外され、バイクを担いで整列させずに済みました
4時30分の「よーいドン」で一斉にバイクを置き並べる様は戦争そのもの
2016.5.22 SDA王滝 100km 6
昨年とほぼ同じ位置を今年も確保することができました


さぁ、6時のスタートまであと1時間30分



思えば朝食に食べたこの赤飯が良くなかったのかも...
2016.5.22 SDA王滝 100km 4
前日の買い出しの時にK様から「腹持ちは良いけど消化に悪いよ」と言われていたのに腹持ちを優先させてしまったのです...



そしていよいよスタート直前
王滝名物のトイレ渋滞に入ったり、スタート地点に行こうとしてグローブを車に忘れたことに気が付いて(気付いて本当に良かった...)急いで戻ったら御嶽山へのご祈祷が始まる直前だったりと、今年のスタート前はかなりバタバタしてしまいました
2016.5.22 SDA王滝 100km 18

初出場のK様、やや緊張した面持ちです
2016.5.22 SDA王滝 100km 19



そして6時ちょうど
ピストルのとほら貝の合図で長い長い100kmの道のりが始まりました


昨年は林道に入る手前で一旦自転車を降りてサドル高さを調整したため、リスタートした時には集団のかなり後方になってしまいましたが、今年はしっかりと集団に付いていきました
2016.5.22 SDA王滝 100km 20


そしていよいよ林道へ
2016.5.22 SDA王滝 100km 21


CP1までの34.3kmは、アップダウンがあるもののほとんど登り基調。
集団のまま林道に突入するので前半は走りにくい状態が続きます
2016.5.22 SDA王滝 100km 22
時々ゆっくり走る選手の後ろについて脚を休めながら淡々と登っていきます
2016.5.22 SDA王滝 100km 23


木々が無い区間はもろ直射日光を浴びます。
今回は予想最高気温がかなり高く、CP1までの前半ですでに過酷
2016.5.22 SDA王滝 100km 24

おまけに登りっぱなしなのとガレてるのとで補給するタイミングがなかなか合わず、給水も含めて全然足りていなかったのが後々響いてくることに

30kmも走らないうちから左脚に筋張るような、攣る直前の感覚に似た嫌な感覚を感じていました
それでも頑張って前の選手を目標に、食らいついていきます
2016.5.22 SDA王滝 100km 25


そしてやっとCP1に到着
2016.5.22 SDA王滝 100km 27

時刻は8時38分
昨年のブログ記事を見返してみると、前回は「8時37分」。
ほとんど変わらないタイムで来ていたみたいですが、疲労感は今年の方が大きいかもしれません
2016.5.22 SDA王滝 100km 26
今年は「休憩時間5分」を目標にしていたので、トイレと補給を済ませ、6分ほどで出発しました





続く...
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minaraimattyan.blog.fc2.com/tb.php/831-82c3b908