上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SRAMeTapに組み替えて初めての休日


久しぶりにヤビツ峠に走りに行ってきました
2016.8.10 ヤビツ峠 1
今回は「バロックギア」を使っての初めてのヒルクライム、でもあります
アウターチェーンリングはそのままに、インナーチェーンリングだけを楕円リングにする「バロックギア

ヒルクライムにおいては、一般的に平地走行時に比べてケイデンスが落ちます。
それに加えて慣性が働きにくくなるので、
ペダルに力が加わる箇所は加速⇔力が加わらない箇所は減速
を繰り返すので、ペダリングにムラ(波)ができてしまいます


その“ムラ(波)”を解消しようとするのが「バロックギア
力が加わらない上下死点を速く通過させ、楕円の部分で力が加わる時間を長くしてヒルクライム時におけるペダリングの“ムラ(波)”を抑える効果があります。


実際にヤビツ峠を登った感想ですが、ペダリングがスムーズになるなぁという感じはありました
...が、使用している「39T」は、楕円部分だと仮想で「42T」まで増えてしまうので、普段あまり乗らない僕は脚にきてしまい、タイムそのものは自己ベストから大幅に遅れ、およそ48分でした...

ただ、ヤビツ峠からは“裏ヤビツ”を走って宮ケ瀬→服部牧場方面で走ったのですが、ヤビツ峠後にいくつか出てくる登り返しや登り坂は感覚的にいつもより楽にこなせたので、バロックギアの効果は確かにあると思います
2016.8.10 ヤビツ峠 2


道が何ヶ所か悪いですが、相変わらず“裏ヤビツ”は走っていて気持ちがイイ
2016.8.10 ヤビツ峠 3


SRAMeTapの変速もバッチリ
フロントに「バロックギア」を入れ、リアにライトサイクルオリジナルの「RECON(レーコン)」の「12-28Low」を入れていてもしっかりと変速してくれます

eTapをしっかり使ったのは今回が初めてだったので、気を抜いた時や疲れた時には、
・リアを軽くしようとしてついブレーキレバーを動かそうとしてしまい、指を突きそうになった
・リアを重くしようとして、左レバーの変速スイッチを押してしまったり(左レバー側は軽くする方です)
と、何回か操作ミスもありまして、まだ少し慣れが必要です
2016.8.10 ヤビツ峠 4
ヒルクライムもできるし距離もおよそ75kmと、半日だけ走るにはお気に入りのコースです
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minaraimattyan.blog.fc2.com/tb.php/842-00856735
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。