GIANTの2017モデル。
MTB(マウンテンバイク)は、大きくモデルチェンジを果たしました。


ANTHEM(アンセム)」、「TRANCE(トランス)」については、
・マエストロシステムのアッパーリンケージの設計変更
・サスペンションストロークが延長
・チェーンステイ長さがそれぞれ5mm短く
・全グレードが「BOOST(ブースト)規格」を採用

「REIGN(レイン)」については、
・フロントのみ「BOOST規格」を採用
が、2016モデルからの大きな変更点になります。



ANTHEM(アンセム)」シリーズ
2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 1
2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 2

フロントハブ軸長(=OLD)が110mm、リアハブ軸長(=OLD)が148mmの「BOOST」規格を全グレードで採用してきました。
2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 3


マエストロシステムに欠かせないリアのアッパーリンケージ(アッパーロッカーアーム)の設計が見直され、自社工場で設計・生産する高剛性・高強度のカーボンリンクになりました。
これにより、アルミ製のリンケージに比べて25%の剛性アップと、50%の軽量化を実現しました。
2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 4

後に説明する「トラニオンマウント」を採用して低重心化。
さらに、リアサスペンションのストローク長を+10mmの「110mm」に、フロントサスペンションのストローク長は+20mmとなる「120mm」となりました。

近年、下りのセクションがどんどん厳しくなっているXC(クロスカントリー)に対応するためのストローク長のアップグレードです。
2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 5

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 6





2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 7

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 8

リアサスペンションのマウント方法も新しくなり、ペダリング効率とブレーキ効率を高め、低重心かつチェーンステイ長の短縮に貢献する「トラニオンマウント」と呼ばれるシステムを採用しました。

これにより、2016モデルよりチェーンステイ長を5mm短縮することが実現しています。
2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 9

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 40

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 10





2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 11

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 12

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 13

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 14

ワイヤールーティングも、若干の変更があるように見受けられます。
2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 15





TRANCE(トランス)」


TRANCE」も、トップチューブ長をより低く長くした点以外は、変更箇所は上で紹介した「ANTHEM(アンセム)」と同じです。
2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 16

フロントサスペンションのストローク長が+20mmの「150mm」に、リアサスペンションのストローク長が+10mmの「140mm」になりました。
エンデューロレースやトレイルライド、「ふじてん」でのダウンヒルもこなせる万能バイクとなりました。
2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 17

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 18

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 19

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 20

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 21
BOOST(ブースト)規格採用で、前110mm、後148mmに。
剛性を大幅に高めています。






2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 22

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 23

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 24

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 25

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 26





2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 27

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 28

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 29

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 30





「REIGN(レイン)」


どちらかというとダウンヒル性能を高めた「REIGN」。
フロントハブが「BOOST規格」を採用して110mmになった以外は変更点はありません。
2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 31

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 32

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 33


BOOST規格の110mm。
2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 34

「REIGN」のリアサスペンションシステム(=マエストロシステム)は従来のものを継承しています。
2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 35





2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 36

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 37

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 38

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 39





女性向けブランド「Liv(リヴ)」から発売となるMTB(マウンテンバイク)も、一部がモデルチェンジとなり、「ANTHEM(アンセム)」や「TRANCE(トランス)」と同じような変更になります。



「PIQUE(ピーク)」

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 41
ANTHEM(アンセム)」の女性版のようなモデルですが、リアサスペンションのストローク長はアンセムのそれよりもさらに10mm長い
120mmストロークとなります。
2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 42

2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 43

ペダリング効率とブレーキ効率を高めた「トラニオンマウント」も採用されています。
もちろん、アッパー側のアームはカーボン製です。
2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 44

前110mm、後148mmのBOOST規格も採用。
2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 45




実写の展示が間に合わなかったようですが、凄いバイクが登場します。
「HAIL(ヘイル)」
2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 46
前後160mmトラベルのサスペンションを搭載しています!

実はこの「HAIL(ヘイル)」、ライトサイクルのお客様にもお乗りいただいている2016モデルの「INTRIGUE(イントリーグ)」を進化させたモデルになります!

TRANCE(トランス)」同様に、前後サスペンションのストローク長を長くしています。
2017モデルの流れをしっかりと汲んで前後とも「BOOST規格」も採用。
起伏に富んだトレイルにもしっかり対応してくれる面白いモデルだと感じました。
2016.8.31 GIANT 2017トランス アンセム レイン 47

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minaraimattyan.blog.fc2.com/tb.php/848-9fe1b0cb