GIANT2017モデル。


2016モデルではいったんラインナップから外れてしまっていたTT(タイムトライアル)バイク、TRINITY(トリニティ)」が復活します。

乗車姿勢が取れる“動くマネキン”を用いた風洞実験による「世界最速設計」を謳っています。
2016.8.31GIANT 2017 TT 3


2016.8.31GIANT 2017 TT 13
TRINITY ADVANCED PRO 1」は、SHIMANO・ULTEGRA Di2完成車で500,000円+消費税。
2016.8.31GIANT 2017 TT 1
2016.8.31GIANT 2017 TT 2

専用ボトルや、
2016.8.31GIANT 2017 TT 3

補給食を入れられる「ベントーボックス」や、
2016.8.31GIANT 2017 TT 4

ハイドレーションシステムが標準装備となります!
2016.8.31GIANT 2017 TT 5




TRINITY ADVANCED PRO 2」は、機械式のULTEGRA完成車で320,000円+消費税。
2016.8.31GIANT 2017 TT 6

2016.8.31GIANT 2017 TT 7

2016.8.31GIANT 2017 TT 8
「PRO 1」同様、ボトルやハイドレーション類など一式が標準装備となるので驚きです!



「とりあえず挑戦してみたい!」なんていうお客様にも乗っていただけるような、ハイコストパフォーマンスモデルも併せて登場します。
それがTRINITY ADVANCED」
ベースのコンポーネントにSHIMANO・105を搭載し、220,000+消費税という、「史上最強レベルの驚異的なバリュー(GIANT 2017カタログより)」を実現したモデルになります。
2016.8.31GIANT 2017 TT 9

2016.8.31GIANT 2017 TT 10

2016.8.31GIANT 2017 TT 11




女性専用に設計されたジオメトリとポジション調整機能を持つのが「Liv(リヴ)」から登場する「AVOW(アヴォウ)」シリーズです。
2016.8.31GIANT 2017 TT 12

身長148cmから乗ることができ(カタログ参照)、一番小さなXXSサイズにはフロントホイールに650Cサイズを採用(リアホイールは通常の700Cを採用)しており、小柄なお客様でも無理のない乗車姿勢を作ることができると思います。

2016.8.31GIANT 2017 TT 13

2016.8.31GIANT 2017 TT 14





2016.8.31GIANT 2017 TT 15

2016.8.31GIANT 2017 TT 16



お問い合わせは「LIGHT-CYCLE」へ♪
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minaraimattyan.blog.fc2.com/tb.php/849-32c93002