ブリヂストンアンカー2017モデルの発表会が、都庁からほど近い場所で行われました。

2017モデルのトピックスは、
RL9の登場
RL6の登場
・EXTENZAにラインナップ追加
の3点です。

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 1
これからご紹介する「RL9」、「RL6」にも採用された、ブリヂストンアンカーが目指す“推進力最大化”。
“推進力最大化解析技術(=PROFORMAT:プロフォーマット)”を表すイメージロゴがこれです。
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 23
フレームの前三角と後三角を表す三角形2つを四角形で囲み、「PROFORMAT」の文字を表すための線を入れたデザインとなっています。



〝Luxury(ラグジュアリー)〟がベースコンセプトの「RL」シリーズに、RLシリーズのハイエンドとなる「RL9」と、アルミタイプの「RL6」が登場します。
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 6
2016モデルで登場した「PROFORMAT(プロフォーマット)」。
〝1歩踏んで2歩進む〟ような〝推進力最大化〟を目指すための開発プロセスを2016モデルから取り入れ、それは2017モデルから登場する「RL9」、「RL6」にも取り入れられています。

現行モデル「RL8」から目指したのは〝正統進化〟。
自転車ファンを増やすべく、〝サイクリングの魅力を最大化〟をテーマに設計開発が行なわれ、「進む性能が高く、乗り心地も良い」バイクとなりました。
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 7
BB周りのねじれ剛性を高めるためにダウンチューブをワイド化。
そうすることで失われる乗り心地の良さを得るために、トップチューブをより扁平にしたり、シートステイをより扁平に、さらには、ベンドフォークの採用や、リアセンターとハンガー下がりを延長(大きく)し、乗り心地に安定感をプラスしています。

現行モデルの「RL8」と比較すると、
・ハンガー(BB周り)横剛性:+20%
・後ろ三角の横剛性:+14%
と、「より進む」ための進化を遂げています。
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 8
展示されていた「RL9」のカラーですが、「プレシャスチタン」×「ハードマットクリアー」の組み合わせです。
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 9
さらにフレームセット重量(フレーム+フォーク+その他パーツ・ネジ類)も軽量になり、およそ100g軽い、1,390g(480mmサイズでの比較)となっています。




RL9」の台数限定モデルがこの「RL9 EPSE」。
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 18
カラーオーダー可能車種であれば通常ですとフレームカラーと仕上げ、ワイヤーやハンドルバーテープのカラーを選ぶことができますが、この「EPSE」は、そういった“カスタム性”を省略した代わりにホイールが少しグレードアップ。
それを、1つ上のグレードの「EQUIPE」と同じ価格でご提供するという、ちょっとお得な台数限定のモデルとなっています。
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 19

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 20

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 21

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 22


アンカーのカラーオーダーについて少しご紹介しておきますと、「RL9」、「RL6」ともに、
・トップチューブとチェーンステイにアクセントカラーの入る「EDGE STYLE(エッジスタイル)
・単色系のカラー「SIMPLE STYLE」
のどちらかを選択することができます。

「SIMPLE STYLE」ではさらに仕上げを3種類の中から選択することができます(詳細はお問い合わせください)。

分かりやすいようにしてみると、こんな感じです。
↓↓↓
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 51
この組み合わせでのみオーダーが可能となりますので、ご不明な方はお気軽にご相談ください。





RL6」は、設計などは「RL9」を踏襲したアルミモデルとなります。
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 2

アルミにしては驚くほど乗り心地が良いんだとか。
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 3

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 4

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 5
塗装やこういった細部まで綺麗な造形はさすがです。




RL6」の台数限定モデル「RL6 EPSE」。
フレームのカラーリングもこのままとなりますので予めご了承ください。
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 10

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 11

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 12

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 13

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 14

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 15




SHIMANO・SORA完成車の「RL6 EX」。
新設計のフレームを、比較的お手頃価格でお乗りいただくことができます。
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 24

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 25




女性でも乗りやすいように設計されたモデルは、モデルナンバーの最後に「W」がつきます。
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 26

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 27





2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 28

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 29






今日の発表会には、全日本選手権で見事優勝を果たした初山選手が来ていました。
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 16

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 17

せっかくなので、「“RS9”って、今まで乗ってき自転車と比較してやっぱり違うんですか?」と質問してみました。

・フロント周りの剛性はかなり高く、日本みたいに路面が綺麗に舗装されていないような所(初山選手は例えとしてヨーロッパを挙げていました)を走る時などは、下(路面)からの突き上げを抑えて疲れにくいようにするために、ステムやハンドルをごくごく普通のもの(例えばステム一体式のハンドルから普通のハンドル・ステム)に変更している。
・一方で、リアは少し柔らかくしていて(「推進力最大化」を目指した“PROFORMAT”は、リアのねじれを極力抑えるためのものなので、おそらくカーボンチューブの肉厚を薄くするか積層の方向を変えている?)、そのおかげでプロの選手が乗っても、乗り心地が良いと感じている。
・“踏み直し”(集団内で、例えば前の選手との距離が少しだけでも開いてしまった時に、前の選手との距離を戻す(詰める)ためにちょっと踏むこと)の場面においても、クッと踏んだ時の掛かりが良く、これについては一般のホビーライダーでも、例えば信号でのストップ&ゴーの場面において、踏みだしの軽さやスピードは実感できると思う。


至近距離で話すと改めて体のその細さと小顔に驚かされますが、お話をさせていただいているとご自身の考えを率直に述べて下さり、また研究熱心そうな印象を受けました。

これは余談になりますが、

一般的な試乗会の場合、硬いフレームが好まれることが多いかと思いますが、硬ければ良いというわけではありませんし、RS9のように、“フロント周りの剛性がかなり高い一方で後ろは少し柔らかい”というのは、ホビーレーサーであってもその違いは分からないと思います。


うーん、さすがです!の一言です!!
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 44

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 30

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 31

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 32

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 33

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 34

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 35





会場には、リオオリンピックからそのまま持ってきたという、内間選手の実車も展示されていました。
(ちなみに、当店のお客様はブラジルで実際に会って見ています)
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 36

「ブリヂストンロゴで欲しい!」という声も上がっていた“内間選手モデル”。
どうやら数量限定で発売になりそう...?
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 37

オリンピックのレース中にチェーン落ちしてしばらく止まっていたそうなんですが、その時の傷もそのまま。
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 39

ボトルがリオ五輪のデザインでした。
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 40

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 41

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 42

日の丸をイメージ。
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 45

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 49

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 48

タイヤは「VELOFLEX(ヴェロフレックス)」の25mm幅。
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 46

2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 50

バーエンドキャップは...シーサーでしょうか?
2016.9.7 ブリヂストン アンカー ANCHOR 2017 43





お問い合わせは「LIGHT-CYCLE」へ♪
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minaraimattyan.blog.fc2.com/tb.php/857-0cb00181