GIOS(ジオス)」の2017モデル。

欧州最大級の自転車見本市「ユーロバイク」ではかなりの展示数だったらしい、最近話題の、軽いオフロードもこなせるロードバイク「グラベルロード」がGIOSからも登場します。
2016.9.21GIOS 2017 NATURE ナチュール MITO ミト 3
NATURE ナチュール
(“NATURE”と書いて“ナチュラル”、ではなく、“ナチュール”です。)
2016.9.21GIOS 2017 NATURE ナチュール MITO ミト 1

2016.9.21GIOS 2017 NATURE ナチュール MITO ミト 2

各社がアルミフレームやカーボンフレームで“グラベルロード”をランナップしているのに対抗して、「GIOSGIOSらしく、クロモリで勝負!」との意気込みで、スチールフレームでのグラベルロード誕生となりました。
2016.9.21GIOS 2017 NATURE ナチュール MITO ミト 3

コロンバス製チューブに、
2016.9.21GIOS 2017 NATURE ナチュール MITO ミト 4
カーボンフォークの組み合わせで、快適な乗り心地を確保しています。
2016.9.21GIOS 2017 NATURE ナチュール MITO ミト 5

DISCブレーキはポストマウントタイプ。
完成車はワイヤー引きのブレーキですが、アップグレードで油圧式にしてみるのも面白いと思います。
ロードバイクの「フラットマウント」とは違ってマウンテンバイク(MTB)用のブレーキも選択できますので、ブレーキの効き具合や好み、走りに出かける場所や天候などに合わせてDISCブレーキローター径を変えたりしながら走るのも面白いかもしれません。
2016.9.21GIOS 2017 NATURE ナチュール MITO ミト 6

タイヤは、あえてノブ(タイヤ表面の突起)の低いスモールブロックパターンのタイプを使用することで、ロードバイクが持つ本来の走行性能や軽さをできるだけ失わないようにしています。
2016.9.21GIOS 2017 NATURE ナチュール MITO ミト 7




「NATURE(ナチュール)」よりもさらにお求めやすい価格のモデルが【MITO(ミト)】です。
2016.9.21GIOS 2017 NATURE ナチュール MITO ミト 8

2016.9.21GIOS 2017 NATURE ナチュール MITO ミト 12

コンポーネントにはSHIMANO・SORAをアッセンブル。
フロントギアはトリプルとなり、脚力を問わずにアドベンチャーライドを楽しむことできます。
2016.9.21GIOS 2017 NATURE ナチュール MITO ミト 9

2016.9.21GIOS 2017 NATURE ナチュール MITO ミト 10

2016.9.21GIOS 2017 NATURE ナチュール MITO ミト 11


フロントフォークがクロモリになる一方で、フロントフォークにダボ穴を設けることができるので、例えばフロントキャリアをつけてパニアバッグを背負わせて...というような、「NATURE(ナチュール)」よりも、ユーザー様の使い方によっては、より冒険できる装備を持たせた1台に仕上げることもできるかと思います。
2016.9.21GIOS 2017 NATURE ナチュール MITO ミト 13

シートステイとリアエンドのダボ穴は、「NATURE(ナチュール)」と「MITO(ミト)」ともに共通してあります。
2016.9.21GIOS 2017 NATURE ナチュール MITO ミト 14





お問い合わせは「LIGHT-CYCLE」へ♪
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minaraimattyan.blog.fc2.com/tb.php/863-cc109c2f