大井川鉄道 南アルプスあぷとライン

8月10日(木)


夏休み2日目は“鉄道ひとり旅”。
朝5時過ぎに車で出発し、向かうは静岡県・新金谷駅
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 1
大井川鉄道新金谷駅を出発するおよそ10分ちょっと前に到着
新金谷駅までの距離が思ったよりあって、乗りたい時間の電車に危うく間に合わないところでした…(^^;
7時54分に新金谷駅 発の車両は緑色。
これに乗って、千頭(せんず)駅へ!
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 2

神尾駅にはタヌキがたくさん。
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 3
僕は進行方向左側の席に座りましたが、景色を見るなら右側の席の方が面白いかもしれません。




千頭駅からは始発の南アルプスあぷとライン、9時12分 発の閑蔵(かんぞう)駅 行きの電車に乗ります。
その車両の大きさに、思わず「小っちゃ!」と驚いてしまいました(^^;
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 4
元々「井川駅」が終点の南アルプスあぷとライン
先日の台風の爪痕で、閑蔵駅-井川駅 間(1駅区間)が通行止めになっている影響で、すべての車両が閑蔵駅で折り返し運転をしています。

千頭駅からの下り線は右側の窓席が良いらしいので右側に。


中はこんな感じ。
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 5

いよいよ出発。
別に電車が好きなわけではありませんが、なぜかドキドキ♪
ものすごくスロースターターなディーゼル車に引っ張られ、いざ出発!


車掌さんが、各駅で車両を行き来しながら行うプチ情報満載の車内放送は聞いていて面白かったです。
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 6

2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 7

アプトいちしろ駅で、名物の「アプト式機関車」に接続します。
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 8
このアプトいちしろ駅から長島ダム駅までの1区間は線路の真ん中に歯車が設置されていて、1,000m走って90m登るという、日本で一番の急勾配を登っていくのが「アプト式」。

およそ4分間で、ドッキング作業が行われ、車両から降りて見学することができます。
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 9

2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 10


左が乗っている車両、右がアプト式機関車。
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 11
長島ダムまでは登りですが、アプト式機関車は最後尾に接続され、後ろから押し上げて走ります!スゴイ



ドッキングが終わり、スタート!
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 12
アプトいちしろ駅を出るとすぐに登り始めます。


後ろから押しているんです!
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 13

山肌に沿うように伸びているあの区間が、もっとも勾配のキツイ区間。
写真だと分かりにくいですが、「確かに、結構登るなぁ~!」という勾配です。
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 14


グングン押してます!
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 15


長島ダム駅に到着。
アプト式の区間はここで終わるので、ここではアプト式機関車の切り離し作業が行われます。
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 16

切り離され、そのままアプトいちしろ駅へと戻っていきます。
さよ~なら~
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 17


さぁ、今回の旅の“目的その1”を達成する駅が近付いてきました!
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 18
奥大井湖上駅!
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 19
“レインボーブリッジ”と名付けられた橋を線路に沿って歩き、撮影ポイントを探します。


ここは良いけど階段の途中だから人だかりができたら大変なことになりそう...。
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 20


少し歩いた先に素晴らしいビューポイントがあり、満足のいく写真が撮れました♪
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 21

目的その2、まではまだ時間があるので、せっかくなので終点の閑蔵駅まで行ってみました。
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 22
…が、「お昼ご飯食べるところはない(バスの運転手さん)」とのことだったので、そのまま折り返しの乗車...。


関の沢鉄橋。
私鉄日本一を誇る、高さ約71mの鉄橋です!
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 23
さらにゆっくりとした速度で通過するのですが、下を見ると怖い怖い


ちょうどお昼の時間だったので、何かしらありそうな「接岨峡(せっそきょう)温泉駅」で途中下車。
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 24

ぶらぶら歩いていたら偶然にもレストランを発見!
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 33
ここしか無さそうだったので突入。


野菜天ぷらそば(800円)をいただきましたが、揚げたての天ぷらはサクサクで、おそばも美味しかったです♪
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 32


13時09分 接岨峡温泉 発の上り電車に乗り、“目的その2”を果たすべく終点の千頭駅へ。
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 25


長島ダム駅でアプト式機関車と連結。
下りは前に連結して走ります。
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 26

アプトいちしろ駅で切り離し。
これが、急勾配を登るための歯車。
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 27
機関車側に付いている歯車と噛み合わさることで、急勾配を走ることができるのが、日本で唯一採用されている「アプト式」です。



千頭駅に戻ってきました。
いよいよ今回の“目的その2”でありメインイベントでもある、これに乗ります!
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 28
全席指定で、個人的には進行方向左側の席が良かったのですが、朝と同じ景色を見ることになる右側の席でした...(^^;


こうして前方を見ると、SLに引っ張られているという実感が湧きます♪
所々で汽笛を鳴らしたり、水蒸気を発する音が聞こえてきたりするので、そういう音でもSLに乗っていることを実感しました♪
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 29


ベテラン車掌さんと新人車掌さんによる面白い掛け合いや、ハーモニカと三線の生演奏など、景色以外にも楽しませてくれるイベントがありました。
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 30



1時間ちょっとの、プチ贅沢なひとり旅。
こういう時間の使い方もたまには良いなぁ~と思えた、良い1日でした♪
2017.8.10 大井川鉄道 南アルプスあぷとライン 31
関連記事

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

tag : 大井川鉄道 新金谷駅 南アルプスあぷとライン アプト式

comment

管理者にだけ表示を許可する

いつもありがとうございます♪
プロフィール

まっちゃん

Author:まっちゃん
サイクルショップに勤務するまっちゃんのブログです。

ランキング参加中です♪
ランキング参加中です♪
ランキング参加中です♪

FC2Blog Ranking

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
分析中...
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム