GIANT ジャイアント 2018 MTB REIGN レイン ANTHEM アンセム TRANCE トランス

GIANT(ジャイアント)の2018モデル。

オフロード・カテゴリーでもいくつかモデルチェンジがあります。

まずは、フルサスペンション(フルサス)のマウンテンバイク(MTB)、「REIGN(レイン)」、「ANTHEM(アンセム)」、「TRANCE(トランス)」からご紹介。




トップの写真は、再び29インチ化した「ANTHEM ADVANCED PRO 29er 0」です。
2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 8
REIGN(レイン)」
2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 1
160mmトラベルを誇る、オールマウンテンのカテゴリーながらダウンヒルの常設コース「ふじてん」でも見かけることの多いバイクの「REIGN(レイン)」。

2017モデルでフロントのみBoost(ブースト)規格を採用したマイナーチェンジを果たしていましたが、2018モデルでは前後ともにBoost規格を採用し、よりクイックで剛性感のある走りを実現しました。



また、これも2017モデルで新しくなったリアサスペンション・ユニットシステム「新型MAESTRO(マエストロ)」を採用。
新型マエストロによる新たなリアサスペンションのマウントシステム、「トラニオンマウント」によって、リアサスペンションの追従性がアップし、岩場などでの走破性がより高くなりました。
2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 2
2018モデルの新型REIGN(レイン)の登場で、ダウンヒルバイク「GLORY(グローリー)」を除く全てのフルサスバイクに、新型マエストロ・トラニオンマウントが採用されました。


2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 3





2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 4

2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 5

2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 6




「ANTHEM(アンセム)」
2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 7

2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 8

近年、どんどんコースプロファイルが厳しくなっているクロスカントリー(XC)カテゴリー。

GIANTの2017モデルまでも、クロスカントリーバイクは前後サスペンションのストローク長(サスペンションが動く量・長さ)が大きくなっていました。

以前は80mmでも充分だったものが、今では120mm、130mmが当たり前になってきているといっても過言ではありません。
クロスカントリーカテゴリーではそれまで当たり前だったハードテイル(リアにサスペンションを持たないバイク)も、世界選手権やオリンピックを見ているとフルサスバイクで参戦している選手を見る機会が増えているように思います。

こうしたコースプロファイルのレベルアップに伴ってバイクのホイールサイズも目まぐるしく進化。
それまで26インチサイズだったものが、29インチサイズの登場で一気に走破性が高まり、瞬く間に各社も完成車ラインナップ。

アフターパーツとしてホイールメーカーやフレームメーカーからも29インチサイズに対応するものが出始め、だいぶ増えてきたなと感じていた矢先に今度は27.5インチサイズのバイクが登場し、これまた業界を賑わせました。

26インチバイクは扱いやすいものの近年の激しいコースプロファイルでは走破性が難しい。
29インチバイクの登場で走破性は一気に高まったものの、登場した当初はある程度背の高い人でないと扱いにくくて29インチを選択する人が少なかった。

そんなところに、26インチと29インチのちょうど中間のサイズの27.5インチサイズが登場し、高い走破性と扱いやすさを両立できたので、世界中で瞬く間に広がりました。

トレイルライドやオールマウンテン、さらにはダウンヒルバイクまでもがラインナップに27.5インチを加え、爆発的にな広がりを見せる一方、世界のクロスカントリーカテゴリーレースにおいては29インチバイクを選択する選手が多いのが現状です。

そういった流れもあり、GIANTは2018モデルで再び29インチ(29er:ツーナイナー)を登場させます。

初めて29erが登場した時は、26インチから一気に3インチものサイズアップだったのでどうしても扱いにくいイメージが先行しているように思いますが、新しく登場する29erは、27.5インチで培ったフレーム設計が土台にあるため、今までの29erと比べて扱いやすさが改善されていると思われます。





2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 9


サスペンションは、フロントが100mmトラベル(ストローク量)、リアが90mmと、新しく設計されたフレームに対して最適なストローク量を持つサスペンションが選択されています。
2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 10

2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 11

2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 12

2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 23

2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 24





2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 25

2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 26

2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 27

ラインナップが少々ややこしいのですが、最上位グレードのフルカーボンバイク「」のみ29erとなり、「ANTHEM ADVANCED 2」と「ANTHEM 3」は27.5インチになります。
さらに「ANTHEM 3」は、前後ともBoost規格を採用しています。
・ADVANCED PRO 29er:29er
・ADVANCED 2:27.5
・3::27.5 Boost(フロント110mm幅、リア148mm幅)





「TRANCE(トランス)」
エンデューロレースからトレイルライドまでこなせる万能バイク「TRANCE(トランス)」。
大きな変更点はありませんが、カーボンモデルのADVANCEシリーズはカーボンホイールとチューブレスレディタイヤが標準装着されています。
2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 13
フルカーボンバイクの「TRANCE ADVANCED 1」は、SRAMの1×12(フロントシングル×リア12s)を採用しています。
これにカーボンホイールとチューブレスレディタイヤが標準装着なので、もはやすぐに実戦投入できるハイスペックバイクと言えます。
2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 14
サスペンションストローク量は、
フロント:150mm
リ  ア:140mm
です。


2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 15





2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 16

2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 17

2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 18





アルミモデルのTRANCE(トランス)シリーズも、上位モデルに合わせてフロントシングル化。
カーボンモデルと合わせて、全グレードがフロントシングルとなりました。
2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 19

2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 20





2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 21

2017.8.30 GIANT 2018 REIGN TRANCE ANTHEM 22





初回予約は若干お得になっております。
お問い合わせは「LIGH-CYCLE」へ♪
関連記事

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

tag : GIANT 2018 MTB REIGN レイン アンセム トランス 29er

comment

管理者にだけ表示を許可する

いつもありがとうございます♪
プロフィール

まっちゃん

Author:まっちゃん
サイクルショップに勤務するまっちゃんのブログです。

ランキング参加中です♪
ランキング参加中です♪
ランキング参加中です♪

FC2Blog Ranking

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
分析中...
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム